TKC「会計で会社を強くする」

北海道から九州、沖縄まで、11,400名の税理士・公認会計士が所属するTKC全国会。社…

TKC「会計で会社を強くする」

北海道から九州、沖縄まで、11,400名の税理士・公認会計士が所属するTKC全国会。社会からの期待に応えるために、「税務」「会計」「保証」「経営助言」の4大業務を通じて、企業の存続・発展をサポートしています。https://www.tkc.jp/

マガジン

  • 中堅・大企業の経理担当者のための「決算・申告応援マガジン」

    決算・申告におけるお悩みにお役立ていただけるトピックや制度に関する 情報をコラム記事や動画でお届けします。 DX化・最新の制度情報、業務属人化・人材教育の課題、税効果会計等 決算・申告業務における様々なトピックを独自の切り口で発信します!

  • 年商50億円を目指す企業の情報誌『戦略経営者』

    TKCでは、経営者の皆さまを対象に月刊『戦略経営者』を発刊しています。TKC全国会に所属する税理士がどのような形で中小企業支援を実践しているかを紹介した記事も、数多く掲載されています。その中から特に厳選した感動の実話を、noteのマガジン月刊『戦略経営者』を通じて皆さんにお届けします。https://www.tkc.jp/cc/senkei

  • ドキュメント「会計で会社を強くする」立ち上がる中小企業経営者

    営業自粛や休業要請を乗り越えて立ち上がろうとする中小企業。TKC全国会に所属する11,400名の税理士は、皆さまのもとを毎月訪問して「巡回監査」を実施し、月次決算のお手伝いや経営アドバイスを行っています。特にこのコロナ禍では、融資のご相談や経営再建に親身になって取り組んでまいりました。そんな私たちの活動に対して、日本全国からたくさんのうれしい声が寄せられています。私たちTKC全国会もまた、中小企業の皆さまと一緒に仕事ができるしあわせを噛み締めながら地域と社会に貢献してまいります。ドキュメント 「会計で会社を強くする」~立ち上がる中小企業経営者~では、コロナ禍というかつてない危機だからこそ、中小企業の皆さまのためにTKC全国会に所属する会員税理士が実際に支援した事例をご紹介します。

  • 動画で見るTKC

    TKCについて、動画コンテンツによるご紹介です。

リンク

中堅・大企業の経理担当者のための「決算・申告応援マガジン」

決算・申告におけるお悩みにお役立ていただけるトピックや制度に関する 情報をコラム記事や動画でお届けします。 DX化・最新の制度情報、業務属人化・人材教育の課題、税効果会計等 決算・申告業務における様々なトピックを独自の切り口で発信します!

くわしく見る

なぜ、今、ペポルインボイス?

インボイス制度と電子帳簿保存法の改正がほぼ同時期にスタートし、数か月が経過しました。 「どちらの制度対応もばっちりだよ!」という方も多いかと思います。 一方、制度対応したものの、これまでとは異なるチェックや作業が必要になったケースもあろうかと思います。 郵送業務はなくなったけど、メールの送付の手間は増えたよな…、受領したときの業務はむしろ増えているんだけどな…とお困りの声も聞きます。 「結局、経理業務のDXって言われてもねえ…」と実質的な業務負担は変わってない、という思いを

スキ
6

毎年の税制改正、どのように情報収集していますか?

こんにちは、Yamaguchi@TKCです。 今回は「毎年の税制改正をどのように情報収集していますか?」をテーマに取り上げたいと思います。 毎年12月に税制改正大綱が発表されてから、その動向を確認されているという方が多いかと思います。 TKCでも、税制改正についていろいろな切り口から情報発信しています。 今回はTKCのコンテンツ3点と、TKCシステムの対応をご紹介します。 1.TKCのコンテンツ(1)TKCのメールマガジン「TKCエクスプレス」〈無料〉 TKCエクスプレ

スキ
3

経理部に求められている役割が変化している?

はじめまして、Yamaguchi@TKCです。 今回からNakayama@TKCと一緒にこちらに記事を書かせていただきます。 私は税務システムのサポート部門の経験が長く、そのような視点で投稿できたらいいなと思っております。 どうぞよろしくお願いいたします。 制度改正への対応 ここ数年、経理部の皆さまは毎年の税制改正に加え、電子帳簿保存法改正による電子取引データ保存への対応、さらにはインボイス制度のスタートへの対応等に取り組まれてきたかと思います。 今後も有価証券報告書の記

スキ
15

<決算時税額・税効果計算>脱スプレッドシートで課題解決を!~計算条件が変わった際の計算プロセスの組み直し~

こんにちは、Nakayama@TKCです。 2024年も皆さまに役立つ情報をお届けしていきますので、引き続き 本年も宜しくお願いいたします。 ところで、令和6年度税制改正大綱において、外形標準課税の見直しがされました。また、法人税率の見直しや防衛力強化に向けた増税により、今後、税額・税効果計算用のスプレッドシートの見直しが必要となることが予想されます。 そこで、皆さまのご参考になればと思い、2023年8月にオンデマンド配信し、大変好評をいただいた「公認会計士が語る脱スプレ

スキ
17

年商50億円を目指す企業の情報誌『戦略経営者』

TKCでは、経営者の皆さまを対象に月刊『戦略経営者』を発刊しています。TKC全国会に所属する税理士がどのような形で中小企業支援を実践しているかを紹介した記事も、数多く掲載されています。その中から特に厳選した感動の実話を、noteのマガジン月刊『戦略経営者』を通じて皆さんにお届けします。https://www.tkc.jp/cc/senkei

くわしく見る

予算と実績の比較を地道に繰り返し国産集成材が見事な復活を遂げる

【あおば税理士法人 × 津山国産材加工協同組合】 津山国産材加工協同組合が、メインの取引先であるヤマシタの傘下に入ったのが2018年。その後主力商品である国産集成材事業の業績が大きく改善した背景には、透明性の高い財務情報を共通言語とした会計事務所、金融機関との良好な関係構築があった。  津山国産材加工協同組合は、近隣の森林組合が構成員となって岡山県津山市で1986年に設立された。同組合が構造材に不向きな小径木の間伐材を有効利用する製品として採用したのが、台形集成材である。

スキ
3

“米粉製粉量”トップクラスの会社が実践する革新的製品戦略と緻密な計数管理

【税理士法人あさひ小山城南本部 × 波里】  1947年創業以来、主に米粉の製造・販売を手掛ける波里(なみさと)。伝統的な和菓子文化を支えてきた同社だが、藤波孝幸社長の代になってから販路拡大に乗り出した。革新的な製品戦略とそれを支える財務戦略をレポートする。  波里が「家庭用」の米粉の製造・販売に乗り出したのは2008年のことである。創業以来、和粉(米粉、上新粉、餅粉、きな粉など主に和菓子に使用される米粉)の製粉を手掛けてきた同社だったが、米粉の用途拡大の兆しを感じ取った

スキ
3

月次での限界利益確保を可能にした緻密な創業計画の効用                   

【石塚啓治税理士事務所 × フロントフォワード】  従業員の雇用、資金繰り、信用の確保……。フロントフォワードの松原辰憲社長は6カ年の創業計画に基づき、起業後に直面するカベを突破してきた。社名のごとく前進しつづける同社の財務マネジメントに迫った。  浜松市内の自動車販売店を主要顧客とし、カーナビ、ETC等カー用品の販売、取り付けを手がけるフロントフォワード。若者のクルマ離れが言われて久しいなか、創業7年を迎えたいまも成長軌道を描いている。その原動力となっているのが、豊富

スキ
4

フェリー航送と適時・正確な業績管理で「2024年問題」をチャンスに変える

【オガウチ濱田税理士法人 × NSU物流サービス】  濱田秀文顧問税理士による経営支援のもと、創業以来毎年黒字決算を継続しているNSU物流サービス(大分県宇佐市)。都甲三男社長は「タイムリーな業績管理と他社に先駆けて力を入れたフェリー航送を武器に、さらなる業績拡大を目指していきたい」と語る。  厳しい残暑が続く8月終盤のある日。大分銀行高田支店の高田亨支店長は、融資先であるNSU物流サービスの応接室で同社の決算報告に耳を傾けていた。前期の業績と活動内容を説明しているのは同

スキ
4

ドキュメント「会計で会社を強くする」立ち上がる中小企業経営者

営業自粛や休業要請を乗り越えて立ち上がろうとする中小企業。TKC全国会に所属する11,400名の税理士は、皆さまのもとを毎月訪問して「巡回監査」を実施し、月次決算のお手伝いや経営アドバイスを行っています。特にこのコロナ禍では、融資のご相談や経営再建に親身になって取り組んでまいりました。そんな私たちの活動に対して、日本全国からたくさんのうれしい声が寄せられています。私たちTKC全国会もまた、中小企業の皆さまと一緒に仕事ができるしあわせを噛み締めながら地域と社会に貢献してまいります。ドキュメント 「会計で会社を強くする」~立ち上がる中小企業経営者~では、コロナ禍というかつてない危機だからこそ、中小企業の皆さまのためにTKC全国会に所属する会員税理士が実際に支援した事例をご紹介します。

くわしく見る

「資金調達は完了。何か他に手がないか・・・」月次決算と業績開示が会社の信頼性を高める

新型コロナの影響で不動産の売買契約が減少する中、A社の業績は急速に悪化していった。そのときに頼りにしたのが、原口税理士事務所だった。資金調達のための手厚いサポートに加え、新規事業への参入に関する提案を受けたことで、社長は今後の会社経営に明るい展望を抱いた。 〈社長の声〉 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、大きなお金を動かすことに抵抗を感じる一般消費者の方が増えたためか、今年3月あたりから不動産の売買契約がすでに決まっていた案件についてもキャンセルや取引延期の申し出が相

スキ
32

「売上高が7割減。このままでは・・・」積極的な財務情報の開示が奏功し融資金額を当初の2倍に

兵庫県に本社を置くA社の売り上げは、新型コロナウイルスの影響で前年対比7割減という状況に。津田弘一顧問税理士のアドバイスに従って金融機関に融資を申し込んだところ、当初想定していた金額の2倍を借り入れることに成功した。それは、津田税理士の指導のもと、積極的に財務情報を開示していた姿勢が評価されてのことだった。 〈社長の声〉 「先生どうしましょう。このままだと会社がつぶれるかもしれない……」。これは、コロナ禍が襲った今年4月、月次の巡回監査で会社に来た顧問税理士の津田弘一先生に

スキ
27

「創業して6年。これからという時に・・・」顧問税理士との二人三脚でコロナ禍のピンチを乗り越える

富山県で造園業を営むA社も、新型コロナウイルスの感染拡大で大きな打撃を受けた。経営状況が悪化し、資金繰りに窮する中で、メインバンクの信用金庫が支援体制を崩さずにいてくれたのは、税理士法人ホライズンの指導のもと、業績管理にしっかり取り組んできたことが高く評価されていたからだった――。 〈社長の声〉 造園業の会社を創業してから早いもので6期目(12月決算法人)を迎えました。創業当初は、顧客の新規開拓などに追われて自転車操業の日々が続いていましたが、3~4年目あたりからようやく固

スキ
32

「営業力を強化した直後にコロナ危機が襲う・・・」財務データの公開でスムーズに融資審査が進行

脱サラして不動産販売・仲介を手掛ける会社を立ち上げてから3年目。コロナ禍が突如、襲いかかった。そんな危機的状況の中で頼りにしたのが、岩井雅志税理士事務所だった。金融機関からスピーディーに融資を引き出せたのには、ある理由があった――。 〈社長の声〉 30代の私が脱サラして3年前に立ち上げたのが、不動産販売・仲介業を手掛ける当社です。営業マン時代に培った人脈と行動力で1期目、2期目と黒字決算を達成し、順調な船出を飾りました。 そして3期目。期待をかけていた従業員の退職と、消費

スキ
25

動画で見るTKC

TKCについて、動画コンテンツによるご紹介です。

くわしく見る
再生

BS11特別番組「ドキュメント戦略経営者 未来を切り拓く-経営者と税理士の挑戦」

2022年9月26日に放映のBS11特別番組「ドキュメント戦略経営者 未来を切り拓く-経営者と税理士の挑戦」の動画です。TKC全国会に所属する税理士の杉山美智晴先生や稲田実先生による関与先企業の支援事例を紹介しています。「会計で会社を強くする」取り組みをぜひご視聴ください。

スキ
14
再生

TKCモニタリング情報サービス(3名の経営者編)

企業と金融機関の信頼を構築するTKCモニタリング情報サービスのご紹介です。

スキ
14
再生

TKCモニタリング情報サービス(利用3年目の経営者編)

企業と金融機関の信頼を構築するTKCモニタリング情報サービスのご紹介です。

スキ
11
再生

財務経営力と資金調達力を強化するTKC「FXクラウドシリーズ」

2020年9月に提供を開始したTKC「FXクラウドシリーズ」。財務経営力と資金調達力を強化するクラウド会計システムです。

スキ
9