ドキュメント「会計で会社を強くする」立ち上がる中小企業経営者

21
「資金調達は完了。何か他に手がないか・・・」月次決算と業績開示が会社の信頼性を高める

「資金調達は完了。何か他に手がないか・・・」月次決算と業績開示が会社の信頼性を高める

新型コロナの影響で不動産の売買契約が減少する中、A社の業績は急速に悪化していった。そのときに頼りにしたのが、原口税理士事務所だった。資金調達のための手厚いサポートに加え、新規事業への参入に関する提案を受けたことで、社長は今後の会社経営に明るい展望を抱いた。 〈社長の声〉 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、大きなお金を動かすことに抵抗を感じる一般消費者の方が増えたためか、今年3月あたりから不動産の売買契約がすでに決まっていた案件についてもキャンセルや取引延期の申し出が相

30
「住宅需要が激減する中で・・・」税理士による適切なアドバイスを受けて積極的に資金調達を進める

「住宅需要が激減する中で・・・」税理士による適切なアドバイスを受けて積極的に資金調達を進める

新型コロナウイルスの影響で、戸建て住宅の販売仲介を手掛けるA社の売り上げは激減。資金ショートが現実のものとなった。このピンチを救ったのが、伊藤裕通顧問税理士だった。A社の社長は、伊藤先生のことを「中小企業に寄り添って、いざというときに助けてくれる貴重な存在」だと思っている。 〈社長の声〉 当社は、新築および中古一戸建て住宅の販売仲介をメインに事業展開しています。新型コロナウイルスの感染拡大により消費者の買い控えが広がった結果、3~5月の売り上げはさっぱりで、資金繰りが急激に

27
「創業初年度にまさかのコロナ禍で・・・」 固定費を削減し、新規事業の資金調達を実現

「創業初年度にまさかのコロナ禍で・・・」 固定費を削減し、新規事業の資金調達を実現

中古車買い取り販売の事業をスタートした直後に、コロナ禍に見舞われたA社長。資金繰りの相談を温井德子税理士にするうちに、やがて思わぬ方向に話は進んでいく。A社長にとって今年の春は、新規事業に乗り出す大きなターニングポイントとなった――。 〈社長の声〉 中古車の買い取り販売の事業を始めたばかりの創業初年度。当初策定した創業計画に基づき、今年1月に政府系金融機関から500万円の資金を借り入れました。これから業績を上げて返済していこうと意気込んでいたときに、コロナ禍に直面しました。

40